読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

この世の仕組みと真実

神人さんの日記を過去にさかのぼり投稿していきます

神人靈媒日記 シャーマンとは

2016/03月30日


シャーマンとは、靈媒である。靈媒とは、数ある職人のひとつに過ぎない。
見える・聞こえる・動く・関わる・分かるから特別に偉いわけではない。
神憑りとは間違いであり、正しくは靈憑りである。

靈媒としての兆候が顕れたなら、靈媒としての修業が必要であるということ。
優れた靈媒や靈人の元で長年の正しき指導を受けなければ、真の役目は出来ないということを理解することが必要である。
靈を見極める力を磨くこと。
各靈存在・靈団との対話を熟すこと。

靈界の仕組みを理解すること。
あらゆる意思伝達と靈受信を会得すること。
浄靈・導靈・除靈の仕方を身につけること。心身の掃除洗濯をすること。
衣食住を浄めること。地に足をつけた生き方をすること。志を高く持つこと。
守護靈団との絆を深めること。言靈を磨くこと。心を読み取る力を高めること。
遠隔靈視を磨くこと。他からの思考操作を外すこと。真実の歴史・仕組みを学ぶこと。
価値観を拡げること。すべての生命の尊さを理解すること。共生心に生きること。
靈媒の役目は、異次元の存在と現次元の存在を繋ぐということ。
生と死の世界の正しい観念を、靈人・肉体人共に伝えるということ。

靈媒は、神事に関わる者という捉え方は正しくない。
神事の神とは何か?本来は多次元宇宙(日月地星)、自然(山川海湖土岩木)、森羅万象(雨風雷火水氣)であるということ。
御利益信仰の神は人神=人靈であるということ。

太陽神や地球神と人靈を同等に考えること自体が、権力者の傲慢のなせるところである。
人神も仏も人靈であり、かつて我々と変わらぬ生きていた人であり、肉体を持たぬ靈人に過ぎないということ。
靈団もしかり、靈人の集まりであり、現次元でいうところの市町村、企業団体と変わらないということ。
靈人も靈団も神ではなく、靈存在であるということ。

よって世の中の神社なるものは、靈社(れいしゃ)又は御魂社(みたまやしろ)と名乗るのが適切である。
肉体人が、靈人を崇めなければならないという慣わしは、権力者らの傲慢な捉え方、間違った宗教観が由来となっているということ。
崇めるものではなく、靈人も肉体人と同等に関われば良いものである。
この世にあらゆる人が居ると同様に、あの世の靈人も靈性靈質は千差万別である。

頭が下がるほどに素晴らしい方もおられれば、分別の無い未熟な者たちもいるのである。
長年洗脳されてきた状態にある、地球人全体の靈意識改革が必要である。

2016.3.30 神人




★神人-kamihito- 公式サイト
http://kamihito.net
facebookグループ「神人(かみひと)」
https://www.facebook.com/groups/kamihito1111/
facebookページ「神人(かみひと)」
https://www.facebook.com/kamihito123/
facebookグループ「Shaman-シャーマン-」
https://m.facebook.com/groups/shaman1234
facebookグループ「大日月地神示」
https://www.facebook.com/groups/kamihito.hihumi/