読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

この世の仕組みと真実

神人さんの日記を過去にさかのぼり投稿していきます

神人靈媒日記 真理を学ぶこと

2016/3/3号

あの世(異次元)とこの世(現次元)は、表裏一体である。
あの世で起こることは、この世で起こるもの。
あの世とこの世は、思考を共用している関係にある。

靈体から見れば、現次元の肉体が有るか無いかの違いであり、靈人も肉体人も靈としての本質は同じである。
己はこの世で活動するための現次元生命体である身体に宿っている靈体で在る。
肉体は己ではなく、己が貸して頂いている一番身近な他存在(生命体)であるということ。
生きるとは、地球の分身である肉体を使わせて頂きながら、現次元で活動させて頂くということ。
肉体を使わせて頂ける時間というのは、生まれる前から決められており、限られているものであるということ。
靈体は無制限に生まれ変わり、肉体(形)を変えて現次元・異次元で活動するものである。
死ぬとは肉体を使うことが出来なくなり、現次元での活動も出来ない靈体のみとなること。
しかし異次元は、時間や重力の制約が無い為に、靈体は自由自在に移動することが出来る。

数え切れない程の靈存在とこれ迄関わってきて、シャーマンとして統計的に言えることは、
現次元(生)において異次元(死)の正しき指導がなされることで、未浄化靈(無法無知な状態)を減少させることが出来るということ。
現代までの宗教における指導には、数々の間違い(虚偽)が見受けられる。
それは過去における指導者の伝え方に問題もあり、一部の者たちによって故意(策略)に歪められたものでもあり、人々の取り違い・思い込み(マインドコントロール)によるものでもある。
故に靈体のみとなった異次元にて、思考は間違った世界観(洗脳)に囚われたまま、未浄化靈でいる方々(歪んだ想念の靈団)が非常に多い。
これは現次元において、真理を歪めている者(悪魔靈団による支配)たちの因果であり、真理を学ばなかった、見極められなかった者たちの因果でもある。


生きているうちに真理を学ぶことが、死んだ後の魂の循環を整える為にも、靈人界の調和の為にも重要である。


地球人は、真理を学ぶ意思の有る者と学ぶ意思の無い者とに大きく分けられる。
真理を学ぶ意思のある者は、理解出来る者と理解出来ない者とに分けられる。
真理を理解出来ない者は、経験(転生)不足からのものと、虚偽の思い込みが強いものと、靈性(資質)向上が伴わないものとに分けられる。

真理を学ぶことが、生死共に喜びとなるということの指導が根本的に必要である。
真理を学んでゆく上で、過去から植え付けられた思考支配の払拭が必須である。
真理を説く者の数を増やすことが、現地球に於いて最重要課題であると言える。

2016.3.3神人 拝






★神人-kamihito- 公式サイト
http://kamihito.net
facebookグループ「神人(かみひと)」
https://www.facebook.com/groups/kamihito1111/
facebookページ「神人(かみひと)」
https://www.facebook.com/kamihito123/
facebookグループ「Shaman-シャーマン-」
https://m.facebook.com/groups/shaman1234
facebookグループ「大日月地神示」
https://www.facebook.com/groups/kamihito.hihumi/