読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

この世の仕組みと真実

神人さんの日記を過去にさかのぼり投稿していきます

神人霊媒日記 神と霊

2013/5/13-01

4月27・28・29日と仙台ツアーに伺ったのですが、28日は色々なことがございました。
非常に多くの縄文の民(霊団)らとの祀り事が為されました…。
話が長くなりますので、配信を何回かに分けてお伝え致したいと思います。どうぞ予め御了承ください。


仙台というと、神人にとりましては何故かいつも新たなことが為される処でもあり、ずっとその理由が判らずにおりましたが、今回のツアーにて遂に判りました…。
御主催はいつも天命舎の大久保さんがして下さっているのですが、大久保さんとの出逢いも本当に心強くとても有難く思っております。
神人の活動を当初より相変わらずにずっと暖かい目で御支援下さっているとても大切な方のお一人です。

思えば、かつて行っていた霊伝(霊媒行為による個人セッション2008.1~2011.7)が始まったのが、仙台の青麻神社(2007.3.3)からでした。
青麻神社というのは、神社では珍しく日・月・星の大神を祀っております。云わば、日月地でございます。他社の多くは、おおよそ人霊(権力者)であったり、人によって作られた存在であったりなのですが…。
852年山城国(現在の京都市)より当地に下向した穂積保昌が尊崇していた日月星の三光の神を山峡の岩窟の中に祀ったのが始まりとされておりまして、土地の人々に麻の栽培を教えたことにより、青麻の地名・社名となったようです。
ひふみ祝詞には、表向きの意味として、麻を皆で育て拡めよという意味も込められておりまして、麻の持つ効能は衣食住医 全てにおいて素晴らしいものがあり、そういった英知は大昔から知られております。
予め御理解頂きたいのですが、私は決して青麻神社を広める為に申しているのではありません。

神社には、神は居りません。
あくまでも人が作り上げた建物・造り物であり、祀られているのはひとつの目安に他なりません。
霊的に感応するのは、意識の世界ですから、場所・時は問わないのです。ですから、社は、あくまでも形としての場であるということを御理解頂ければ幸いです。
また、神と霊とを間違ってはなりません。
(※ほとんどの人が、霊・霊団を神と思い込まされているということ。)…

(5/13号-02②へ)





★神人-kamihito- 公式サイト
http://kamihito.net
facebookグループ「神人(かみひと)」
https://www.facebook.com/groups/kamihito1111/
facebookページ「神人(かみひと)」
https://www.facebook.com/kamihito123/
facebookグループ「Shaman-シャーマン-」
https://www.facebook.com/shaman.kamihito/
facebookグループ「大日月地神示」
https://www.facebook.com/groups/kamihito.hihumi/